設備の修理やリフォームをして快適に暮らしていこう

修理を頼む

換気扇修理をするために

長年、使用している換気扇のトラブルのひとつに、「換気扇から変な音が鳴っている」ということがあると思います。 その原因のひとつが、換気扇のモーターの軸受けベアリングが磨り減ったり、傷付いたりしておこるものです。 そういった換気扇修理には、モーターの交換が必要となります。 一時的に音を抑える換気扇修理であれば、モーターの軸受けベアリングにも使用できる高回転用のグリスをモーターの軸に差すことによって、改善されます。ホームセンターなどで購入可能です。 ただし、こういう換気扇修理は一時しのぎになりますので、だんだん異音が大きくなり、いづれ焼き付いて動かなくなる可能性があります。最終的には、こういった換気扇修理には、モーターの交換が必要となってきますので、ご注意下さい。

換気扇修理を頼むタイミング

日々使っているキッチンで一番気になるのは水回り、次にコンロの状態だと思われますが、意外に管理に手間がかかるのが換気扇と感じる方も多いのではないでしょうか。それほど汚している感覚が無いのに、気が付くと油汚れが付いていたり、吸気が悪くなっていたり。見上げてすぐ分かる状態なら異常もすぐ気が付きやすいとは思いますが、大抵はフィルターをかけたりして、なかなか異常に気が付かない物です。 回る音が変になってきた、吸い込みが悪くなったと換気扇修理を考える前に、ある程度の年月が経過したらキッチンのリフオームに合わせて換気扇修理も念頭に置いた方が良いでしょう。 実際の換気扇修理では不具合を直すだけでは無く、ついでに外側から見えない様にビルドイン構造にするとか、でっぱりを無くして構造的にすっきり壁に収めるとかのデザイン的な見直しもすれば一石二鳥かと。今後換気扇修理を考える時に、そんな事も併せて考えてみるのも良いでしょう。

↑ PAGE TOP